PS版ポポロ 15周年

15年前の1996年の今日、記念すべきプレイステーションの「ポポロクロイス物語」が発売されました。
振り返ってみれば当時はまだ社会に出て駆け出しの頃で、既にネタと化している人生の一大事件の足音が聞こえてくるような状況でもなく(笑)、なんといってもまだピッチピチの好青年でしたね。
当時まだピエトロ王子は10歳で、よもやその6年後に年齢を追い越されるとは当時は思いもよらなかったわけですが、まさに今ここに「ぱぐ☆5匹」としての自分がある始まりとなった日でもあります。

15年が過ぎてもいまだにポポロまっしぐら!なわけですから、どれだけ好きやねん!と自分でも思わずにいられませんが、まさにそれこそがポポロの魅力たる所以なんですよね。
改めてこの作品に出会えた縁に感謝するとともに、15周年をお祝いします。5年後の今日には間違いなく20周年を祝っていることでしょう(笑)。

そして、ポポロをきっかけに広がった縁も大切にしたいと思います。

これを記念して、このところ更新が停滞している探偵局を、ポポロの歴史を題材に更新する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA