ポポロファンフェスタ2018

田森庸介先生の「ポポロクロイス物語」原作生誕40周年を記念して、12月23日(日)に東京で、「ポポロファンフェスタ2018」が開催されることになりました。

田森庸介先生や福島敦子さんの原画、過去の制作資料の展示のほか、トークイベントや公式グッズ販売などなど盛りだくさんの内容になっています。原作、アプリで配信中の「ポポロクロイス物語~ナルシアの涙と妖精の笛」のほか、過去のポポロクロイスシリーズを含めたポポロの総合的なお祭りですから、ぜひぜひ参加しましょう!

ポポロの原作

 ポポロのプロトタイプとも言われる最初の漫画「竜が行く!」は、今を遡ること40年前の1978年10月15日に発売されたまんが専門誌「だっくす」11月号に初めて掲載されました。翌年の「ぱふ」1月号と4月号にそれぞれ、「フローネルの魔女」、「ザ・スターマン」が掲載された後、1984年10月から朝日小学生新聞で「ポポロクロイス物語」の連載がスタート。これを単行本化する動きの中で、アニメやゲーム化の企画へと発展し、1996年にプレイステーションでゲームが発売されることになったのでありました。ちなみに、ポポロクロイスの当初の綴りは、現在の「Popolocrois」ではなく、「Poporoclois」だったりします。

プロトタイプ版と朝日小学生新聞版のポポロの原作漫画を収録した冊子は、復刊ドットコムのサイトで発売されているので、ぜひともチェックしておきましょう。

開催日時・場所等

  • 日時

2018年12月23日(日)13:00~17:00(予定)

 13:30~ トーク第1部 藤咲淳一さん(40分)

 15:00~ トーク第2部 田森庸介先生(40分)

 16:00~ 記念撮影

  • 場所

東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザANSビル プラザマーム

  • 入場料

1,200円(税込)

ポポフェスの内容

原画・資料展示

田森庸介先生の原稿等、福島敦子さんのポポロの原画のほか、ポポロクロイス物語の制作に使われた資料が展示されます。ツイッターでも展示される原画が紹介されています。

グッズ販売

これまでのポポログッズは、ポポローグのトレーディングカード、プレイステーション全般の企画としてのTシャツくらいしかありませんでしたが、今回は、公式初のグッズがいろいろと販売される予定です。また、現在配信されている「ポポロクロイス物語~ナルシアの涙と妖精の笛」のテーマソング「世界がかわるまで」のフルバージョンを収録したCDも発売されます。グッズのラインナップは次のとおり。

  • Tシャツ3種(40周年記念、ポポロ1、ポポローグ):各3,000円
  • ポポフェス2018パーカー:6,000円
  • トートバッグ(40周年記念):2,500円
  • クリアファイル(ポポロ1、ポポローグ、ポポロ2の3枚セット):1,000円
  • ポストカード(ポポロ1、ポポローグ、ポポロ2の3枚セット):400円
  • ポストカード(ポポロクロニクル1巻白き竜、2巻星を抱く者の3枚セット):400円
  • 「ナルシアの涙と妖精の笛」主題歌CD:1,000円
  • 「ナルシアの涙と妖精の笛」キャラクター設定資料集、SSRキャラ缶バッジは予定中

なお、グッズ購入の個数制限等については現時点不明で、売り切れとなる場合もあるほか、後日にインターネット通販する予定もあるとのことですが、いつ頃なのか、会場で販売されたグッズ全部が買えるかどうかは決まっていません。欲しいものがあれば会場で購入しておいた方が確実ですね。

トークイベント

原作者田森庸介先生と、「ナルシアの涙と妖精の笛」の脚本担当である藤咲淳一さんのトークイベントがそれぞれ40分ずつ行われます。トークイベントの終了後、希望者による写真撮影が行われるそうです。

参加方法

Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」で事前にチケットを購入する必要があります。入場できるのは300人まで、いわゆる早い者勝ちなので、迷っている時間があれば買っておいた方が後悔せずに済むでしょう。なお、無料で10名が招待され、1人1回まで応募可能ですぐに結果が出るようなので、まずは応募してみるといいかもしれませんね。チケットの購入及び応募は、12月15日の14:00までとなっています。

来場特典

来場の上、会場で「ポポロファンクラブ」へ登録(無料)すると、もれなくクリスマスバージョンのピエトロとナルシアの缶バッジが貰えます。ということは近いうちにクリスマス衣装版のSSRピエナルが実装される予定が?!

注意事項

今回のポポフェスに参加するにあたり、PassMarketのチケット購入先に参加規約が掲載されています。チケットを購入すると参加規約に同意したことになります。規約と言っても、他の来場者に迷惑を及ぼす行為はしない、そうした行為があった場合は退場を命じられることがある、といった一般的な内容です。少なくとも、ポポロの制作サイドに何か言ってやろう!と鼻息荒くして参加するイベントではない、という当たり前の話ですね(笑)。

また、イベントや展示物の撮影も禁止されていますので、会場で見た物は、データではなく心の中にしっかりと刻みましょう!