ナルシアの涙と妖精の笛 ~現時点での判明分~

9月23日(土)の東京ゲームショウ以降、リリース予定日を含めて目新しい情報は出てきていませんが、続報を待ちつつも現時点で判明している内容をまとめてみました。

1 登場人物


公式サイトでずらりと並べられた今作の登場人物。左から順に、ゴン、セレン(ロマーナ騎士団長)、ザッパ、メル、?(見当つかず)、白騎士、ジルバ、ピエトロ、ナルシア、エレナ、ガミガミ魔王、メディア(おそらく)、ルチア(おそらく)、ザマド、キララ、ドン。左から5番目は全く判断材料がないので見当がつきません。右から5番目をメディアと推測するのは、ルーベンの森と思しき場所でロビンと話している時に森の妖精(精霊?)らしき2体が現れているのと雰囲気的な感じから、その右隣をルチアと推測するのは、その格好がモルグ教聖地ビルカ村のものであること、ビルカ村の人物で名前が出ているのはザマドとルチアしかいないので、ザマドと並んでいることからの単純な思いつきです。

ピエトロ、ナルシア、白騎士、ガミガミ魔王は別として、判明している登場人物をこれまでのポポロクロイス物語シリーズごとにまとめてみるとこんな感じです。

【ポポロクロイス物語全般】

サニア王妃、キララ、ゴン、ドン

【ポポローグ】

デイモス、メル、ザッパ、ロビン、タモタモ、ダイソン、ミーシャ、レパルド
※ゲームショウの映像には忍者風の女の子が映っていますがユキではなさそうな感じです。公式サイトのキャストにセツナという名前があるのでその子かも。

【ポポロクロイス物語2】

レオナ、ジルバ、鬼面童子、ワルツ国王

2 各キャラの言動


ピエトロ

・僕はポポロクロイス王国の王子ピエトロ。大切なものは家族と王国の人たち、そして、婚約者のナルシア。趣味はお土産集めかな。
・たとえどんな敵が立ち塞がったとしても。

ナルシア

・私はナルシア。森の魔女。ギルダ姉さんと一緒にフローネルの森に住んでいるの。そして、森の近くにあるポポロクロイス王国の王子ピエトロと、その、結婚の約束をしています。
・ピエトロの旅についていきたい。


・拙者の名は白騎士。伝説の剣を探すため、修行の旅を続ける騎士でござる。ピエトロ王子やナルシア殿とは幾度の旅をした昔からの仲間でござるよ。
・この白き鎧は正義の証。拙者はどこへでも参るでござる。


・がーははははははっ!お前ら、俺様のことなら当然知っているだろう。だから自己紹介の必要はなーい!・・・何?知らないだと?なら耳の穴かっぽじってよーく聞けぇ!俺様はガミガミ魔王。
・ナルシアちゃんは世界最高の美少女だ。それ以外は認めんぞ。


私はロマーナ王国の王女ジルバよ。小さな頃からお母様に教えられている舞踏を極めて誰よりも強くなりたいの。一言多いって言われるけど、細かいことは気にしないで。


ドン

・俺の名はココ・ドンペリオ。ポポロクロイス城に仕えているタキネン村出身の超モテモテ兵士。お城に志願してからは相棒のゴンといつも一緒なんだ。
・試練の戦いってぇヤツですか。

ゴン

・私はトト・ゴンザレス。みんなからはゴンと呼ばれている。ポポロクロイス城に仕える兵士です。先祖の代からポポロクロイス王国の兵士の家系で、剣の腕はそれなりだと思っている。
・父の後を継ぐため、ポポロクロイスを守るために強くなってみせます。


ザマド

俺はモルグ教聖地の祈り人ザマド。ネクロシアの大地でモルグの神を信じる。世界を光で満たすために祈りを捧げてきた。光が、全てのモルグの民のために。

キララ

私は魔法使いのキララ。ポポロクロイスのお城で魔法アイテムを作っているの。

ザッパ

妖精族の森は楽しいところなんだなぁ。でもなんだかよくないニオイがするんだなぁ。

3 時代設定

はじめての冒険(母サニアを求めるピエトロ王子の冒険)から8年後、ということでピエトロ18歳、ナルシア19歳となっていますが、主な年代は次のとおり。

AP455年 パウロ、ガミガミ魔王誕生
AP463年 白騎士誕生
AP484年 ナルシア誕生
AP485年 ピエトロ誕生
AP495年 ピエトロとナルシアのはじめての冒険(ポポロクロイス物語)
AP497年 夢幻魔王イドがポポロクロイス王国を襲う(ポポローグ)
AP500年 邪神マイラがバルバランを復活させる(ポポロクロイス物語2)
AP503年 「妖精の笛」をめぐるピエトロとナルシアの新たな物語(今作)
AP505年 ピエトロの王位継承、ナルシアとの結婚
AP507年 ピノン誕生
AP515年 闇の精霊ヤズムがポポロクロイス王国を襲う(はじまりの冒険)

APとは「After Popolocrois」で、ポポロクロイス王国建国がAP0年になっています。ポポロクロイスの歴史については、ポポロ広場の「ポポロクロイス年表」でまとめていますので参考までに。もっとも、ガミガミ魔王の出生からすると、パウロと同い年というのは若干の齟齬があるかもしれません。ポポロクロニクルとの兼ね合いも含めて、ポポロ広場でもう一度考察してみます。

4 考えることイロイロ

ピエトロは、ポポロ2から今作までの3年の間にナルシアにプロポーズしたんかーい!と思わず驚き。ポポロ2のラストでピエトロが言った「ナルシア、僕と・・・」の後に続く言葉がプロポーズだという説もありますが(詳しくはポポロ広場の「ピエトロの言葉」参照)、流石にそのタイミングでは早すぎると思うので、今作でそのプロポーズに至る経緯を知ることができればなぁと願ってます。2人の結婚はさらに2年後ですからまだまだ一波乱あるかもしれませんが。ちなみに、何者かにさらわれたナルシアをピエトロとガミガミ魔王、大人に変身したエレナが協力して助け出すという物語を、かつてPSPの新作でリリースするという企画が過去にはありました。

今作は、「妖精王メディアの求めから、旅立つ王子ピエトロと森の魔女ナルシア」とあるとり、マイラとの戦いで傷ついた後に湖に我が身を封印した妖精王メディアが、2人と無事に再会できたわけですから本当に嬉しい限りです。また、メディアが守る「ルーベンの森」とは、ポポロ2でレオナの家からフクロウの導きで妖精の森を抜けて妖精の城にたどり着いた状況から、妖精の森=ルーベンの森=メディアの居所、と考えてよいのではないかなぁと思います。

白騎士がアヴァロニア王国出身、ガミガミ魔王がブリオニア王国の出身ってのは一体どういうこと?とか、ルーベンの森って何?とか思われた方は、「ポポロクロニクル 白き竜」をご一読されることを強くオススメします。ポポロの世界観が広がってより深みを増すこと間違いないです。「妖精の笛」が、ムルカの持つものと同じなのかどうかも気になるところではありますね。