新たに判明した内容

先月9月23日の東京ゲームショウでの発表から約1か月、「電撃25周年記念特番 ゲームの電撃生放送 前編」の中で判明したことをピックアップしてみました。

気になった新たな内容やコメント

  • 「ポポロクロニクル」は、ピエトロのお父さんの世代、エピソード0みたいな位置づけ、であるならば思い切ってピエトロが18歳でナルシア19歳の、どういうプロセスで一緒になったのか、ピノンが生まれたんだろうというところを描きたい。
  • (はじまりの冒険でピエトロがいきなり王様になっていたことについて)いきなりヒゲになっちゃった。
  • ジルバがわがままなのは変わらない。
  • ドンとゴンは出世して隊長になった(「あんなちっちゃい子供が戦っているのを放って逃げていた」というごもっともなコメントあり)。
  • デイモスは絶対にいい者ではないが、最後になると色んな展開がある。ザマドの人気を取っちゃう可能性もある。
  • 原作者の田森庸介さんの頭の中にあったものをずーっと具現化してきた集大成。
  • メインストーリーとサイドストーリーの切り替えについては、最初はメインで、ちょっと進むと好きな方から選べるようになる。両方やることでストーリーがより分かる。
  • シナリオの行間をいかに演技させるかが面白いけどしんどい。

新たな映像

本邦初公開の実機デモで、ナルシア、ガミガミ魔王と新キャラのフォリアがそれぞれ自己紹介する様子が映されました。ボイスが付いた全キャラ分の自己紹介が用意されるようです。左右360度の回転やズームができる上に、仕草や表情が細かくて、ナルシアが「ピエトロと結婚の約束をしている」と頬を染めて照れながら話す様子は、ナルシア一筋のガミガミ魔王でなくとも破壊力は抜群です。ガミガミ魔王の心中を察するにあまりある自己紹介ではありますが・・・。

私はナルシア。森の魔女。ギルダ姉さんと一緒にフローネルの森に住んでいるの。そして、森の近くにあるポポロクロイス王国の王子ピエトロと、その、結婚の約束をしています。いつまでもピエトロのそばにいてピエトロを守りたい。それが私のずっと変わらない想いです。
がーははははははっ!お前ら、俺様のことなら当然知っているだろう。だから自己紹介の必要はなーい!・・・何?知らないだと?なら耳の穴かっぽじってよーく聞けぇ!俺様はガミガミ魔王。悪の大天才にして大魔王。その辺の小物と一緒にするんじゃねーぞ。分かったか!(別ボイス)俺様に勝とうなんて100憶年はやーい!
私はフォリアと申します。妖精王メディア様を守るために側近として仕えておりますの。ずっとルーベンの森で育ってきましたけど、森の外の世界にも憧れを持っていますわ。幼馴染のシーリスとは姉妹のような関係でとても信頼していますの。森を荒らす人間は好きではありませんが、外の世界には優しくて楽しい人間もいる。そのことを知りたいのです。

 

なお、リリース時期は示されず、「今しばらくお待ちください」とのことでした。

ちょっとした感想

  • 「いつまでもピエトロのそばにいてピエトロを守りたい」というナルシアの言葉に、ポポロ2のレムリア大陸を封印するあの場面が真っ先に思い浮かんで涙がぽぽろ。
  • ピエトロ王に対するやまゲンさんの「いきなりヒゲになっちゃった」というコメント。確かにそうですね!としかツッコミようがありません(笑
  • ピエトロが18歳の時、ドンとゴンは隊長に出世しているようですが、その12年後には2人とも将軍になっているわけですから凄いものです。ピノンのせいでこの2人がキスをするという凄まじい場面がセカンドアニメの第1話にあったりしますけどね。ピエトロとナルシアがロマーナ城の中でベッドに腰かけて話しているのを見て「あやとりをしている」などと言っていたのも懐かしい思い出です。
  • 妖精王メディアの側近というフォリアを紹介する時、聞き間違いでなければ、セガの長島さんが「森妖精の・・・」と言っていたような気がするんですが、となると、海の妖精も同じように「海妖精」という呼び方だったり?!
  • 実機デモは自己紹介のところだけで、実際のプレイ画面は出てきませんでしたが、やまゲンさんが「できてないわけじゃない」と話してましたから、次の機会には見られることに期待!