ポポロクロニクル「白き竜」「星を抱く者」全4巻

後に○○○となる少年ムルカを軸に、ピエトロが生まれる前の時代に繰り広げられたポポロクロイス王国の大きな危機をめぐる冒険譚であるポポロクロニクル。2015年2月18日に「白き竜」の上巻、翌月の3月14日に下巻、ポポロファンフェスタが開催された2018年12月23日に「白き竜」の続編となる「星を抱く者」の上下巻がリリースされました。「白き竜」は本と電子書籍版の2形態、「星を抱く者」は電子書籍版のみで発売されています。ちなみに「白き竜」が出版されたのは2015年ですが、実際には2009年3月の時点で完成していました。

内容についてはネタバレになるので深く触れるわけにはいきませんが、プレイステーションのピエトロ世代の物語を知っている者にとっては、その時に一緒に冒険した仲間の思いも寄らない縁の深さ、過去のいきさつや活躍ぶりがたまらなく、膝をバシバシと叩かずにはいられないような壮大な内容になっています。さらにはピノン世代に世界の脅威となるあのキャラまで登場しますから、ポポロファンとして読まないわけにはいかないものであることは全力で保証します。「星を抱く者」では、さらにそうした過去に深く踏み込んだ内容になっていて、ネタバレになるかならないかのギリギリのラインで列挙してみると、

  • ガミガミ魔王のルーツや名前の由来
  • アニメのあの一族の立ち位置
  • ラダック仙人の過去や思わぬ弟子の数々
  • ナルシアの父親の謎
  • さらにはカイの存在を読み解くヒント

といった大興奮間違いなしの秘密が明らかになるような衝撃の事実がてんこ盛り盛りとなっているので、まだ読んでいないのであれば、四の五の言わずにとっとと読め!というのが嘘偽らざる本音のココロの声です(笑)。電子書籍ではなく、「ポポロクロニクル2 星を抱く者」は、電子書籍での発売のみなので、「白き竜」のように本として店頭にも並んでくれるのが嬉しいところでありますね。