バイク用USB電源の交換

防水は大事

以前に取り付けたUSB電源のポートが1つ通電しなくなったので交換。また今度取り付ける必要が出た時の備忘録代わりに日記を記します。

電工ペンチは必須

必要な長さにケーブルをバッサリ切り、電線を剥いて電光ペンチでかしめます。かしめる前に防水用ゴムを電線に通しておかないと面倒くさいことになります。

ヘッドライトケースの内部

CB1100EXのヘッドライトケースには最初からアクセサリー電源用のハーネスが用意されているのが非常にありがたいです。エンジンキーに連動して電気が流れるのでバッテリーが上がる心配もありません。ケース内はスペースがあるのでハーネスを二股にして別の機器を取り付けることはできそう。

blank
挿し間違いはダメ、ゼッタイ

先ほど加工した電線を裏からケース内部に通してからハーネスにはめ込みます。ハーネスにはめ込んだ後にヘッドライトケース内に入れようとしても無理なのは言うまでもありません。プラスとマイナスを間違えると機器が壊れるおそれがあるのでどっちの穴にどのケーブルを挿すのかを間違えないよう要注意です。

blank
カプラーのランデブー

カプラーにケーブルを通せばあとは合体するだけ。パチッと押し込むだけの簡単作業。無事に充電できることを確認できればミッションコンプリートです。そんなに壊れようがない部品だとは思うんですけど、安くないお値段なので今回は長持ちしてくれることを願うばかり。